【神奈川】注文住宅工務店・ハウスメーカー選びにおすすめの相談窓口ランキング!【口コミや評判も合わせてご紹介】

神奈川で「二世帯で住める注文住宅」を建てる際の注意点

公開日:2019/04/15  最終更新日:2019/04/11

両親と子供の両方が幸せに生活できる、二世帯の注文住宅を神奈川で建てる際には、住宅の機能性や導線の作り方などに注意が必要です。

幸せな生活を実現するためにも、注意点をよく調べてから住宅デザインを決める事ができるよう、いくつかの豆知識をご紹介します。

 

防音性を高めておく事で気楽に子育てができる

仲の良い家族同士であっても、家族が発している騒音を聞かされ続けるとストレスが溜まってしまうものですから、二世帯の注文住宅を神奈川で建てる際には防音性も重視した方がいいです。近年では防音性に優れる住宅も格安で建築できるようになっており、壁や床を分厚く作るだけでなく、防音フローリングなどを活用する事でも騒音被害を防げます。

床に防音フローリングを敷いているだけで、子供たちが自宅の中を走り回っても足音をうるさく感じにくくなるので、親御さんの世帯に迷惑をかける心配もないです。防音フローリングを敷くと床が薄い住宅であっても、足音だけでなく赤ちゃんの鳴き声なども響きにくくなるので、これから子供が生まれてくる予定の家庭にも最適です。

音を遮るだけでなく断熱性を高める効果も期待できるので、すぐに床が冷たくなってしまうのが嫌だと感じている方々も、建築資材にこだわってみる事をおすすめします。神奈川のハウスメーカーであれば、音が響きにくい木材なども格安で提供してくれるので、予算が足りるか心配せずに住宅の機能性を高める事ができると評判も良いです。

 

住宅が広くなる分だけ害虫対策が重要になる

二世帯住宅は通常の住宅よりも部屋数が増えて、面積が大きくなるものだからこそ、害虫対策にも意識を向ける必要があります。どこかの部屋にシロアリなどの害虫が巣を作ってしまうだけで、広々とした住宅全体にシロアリの被害が及んでしまう場合もあるためです。

害虫の被害を防ぐためにも、神奈川で注文住宅を建築する際には床下の通気性や、シロアリの餌を増やさない事を心がけてください。床下に湿気が溜まりやすい住宅は、害虫にとって居心地が良い物件になってしまうので、床下換気扇などを設置して湿気を逃しておく事をおすすめします。

湿気を床下から排出できれば木材の寿命も延ばせますし、木材が露出している部分を減らす事で、シロアリの餌を増やさないよう対処する事も可能です。神奈川のハウスメーカーは害虫の生態なども把握しており、シロアリの繁殖を防ぐ構造を提案しながら、住宅デザインを完成させてくれます。

自分一人で住宅デザインを考えるのではなく、ハウスメーカーの専門家にも意見を求めながらデザインを決めて、定期的にシロアリの検査を受けておく事が重要です。

 

家族が顔を合わせやすい住宅デザインを目指す

親子が一緒に生活できる二世帯の注文住宅を完成させたのに、家族同士が顔を合わせる機会が少なくて、どこか寂しいと感じてしまう家庭も珍しくないです。世帯別にスペースを完全に区切ってしまうと、住宅内を行き来しているだけでは家族同士が会話をする事が中々なくて、一緒に暮らしているという感覚が薄れてしまいます。

コミュニケーションの取りやすさを意識した導線を作り出せれば、家族同士が自然と顔を合わせる機会も増えて、会話を楽しむ時間も長くなるので住宅デザインにはこだわりを持ってください。特に気を付けたいのが階段を設置する場所で、住民が集まるリビングから離れた場所に階段を作ってしまうと、家族の顔を見ないまま上の階層に移動する事になります。

リビングに階段を作るだけで、階層を移動する最中に家族の近くを通る事ができて、自然と日常会話を楽しめるようになりますから、階段をどこに設置するべきか家族と話し合ってください。神奈川のハウスメーカーに相談をすれば、コミュニケーションの取りやすさを最優先に考えた、温かみを感じられる住宅デザインを提案してくれます。

 

介護のしやすさも基準の一つとして考える

現在は親御さんが元気であったとしても、将来的には怪我などが原因で足腰が不自由になってしまい、住宅内を移動するのも難しくなる可能性もあります。後からバリアフリー化のリフォームなどを行うと、高い出費を支払う事になりかねませんから、最初から介護のしやすさを基準に住宅デザインを完成させた方がいいです。

三階建てなどの階段での移動に時間のかかる住宅を建築する際には、家庭用のエレベーターを設置しておくと、老後の生活も楽になります。ただし家庭用のエレベーターを設置する際には注意点があり、コスト削減を第一に考えて小型のエレベーターを選ばない方がいいです。

介護のしやすさを基準に住宅デザインを決めるのなら、車椅子を押したまま家族も一緒に乗る事ができるように、ある程度の広さのエレベーターを選ぶ事を推奨します。転倒事故を防止するためにも、住宅内のあちこちに手すりを付けておくのもおすすめで、老後だけでなく怪我の治療中にも手すりは便利です。

ちょっとした工夫で介護が楽になる事を意識しながら、注文住宅のデザインを決めてください。

 

子供の人数に合わせた空間を作り上げる

これから子供が何人ほど生まれてくるか分からないので、子供部屋をいくつ用意すれば良いのか分からなくて困っている時には、ドアを2つほど取り付けた部屋をいくつか用意してください。ドアが2つ付いている部屋の中心に仕切りの壁を取り付けると、元々は1つだった部屋が2つの子供部屋に生まれ変わります。

子供部屋が足りないからといって、親御さんの生活スペースの一部を圧迫する形で子供部屋を増やしてしまうと、二世帯住宅としての魅力が薄れる事になりかねません。スペースを上手く活用する事が、両方の世帯が幸せに暮らすためのコツです。

10年や20年後に子供たちが独立した際には、仕切りとなる壁を取り外すだけで、2つに分かれていた部屋を1つに戻せます。広々とした部屋を絵画教室やピアノ教室を開くための空間として使ったり、収納スペースに変えるのも自由です。

1つの部屋に3人や4人ほどの子供を生活させるのではなく、仕切りとなる壁を活用する事で、理想的な生活スタイルを作り上げる事をおすすめします。お子さんが気楽に生活できる住宅は、ご両親にとっても魅力的な空間になります。

 

屋上を共用スペースとして活用する

土地が狭いために広々とした庭を用意する事ができず、高齢両親が部屋の中で過ごす時間が増えてしまいそうだと悩んでいる方々は、屋上付きの注文住宅を完成させてください。コンクリートの上に人工の芝生を敷くだけでも、綺麗な庭ができたような感覚になれますし、ゲートボールなどの練習をする空間としても活用できます。

天気の良い日にはバーベキューを楽しむ事もできたりと、家族全員が集まる共用スペースとして利用できるのも、屋上付きの二世帯住宅を建築するメリットです。ガスや水道なども屋上に通す事はできますから、神奈川のハウスメーカーのスタッフと話し合いながら、機能性でも満足できる屋上を作る事をおすすめします。

高齢者だけでなく小さな子供にとっても理想的な空間となるよう、転倒時のショックを和らげられる長さの人工芝を敷いてください。日光浴も楽しめる空間になるので、子供たちが外で遊ぶ時間を増やしてあげたいと考えている親御さんにとっても理想的な空間です。直射日光の熱が屋内に伝わりにくくなるのも、人工芝を屋上に敷いておくメリットだと言えます。

 

二世帯の注文住宅にいくつかの機能性を加えるだけで、家族全員が幸せに暮らせる理想的なマイホームになります。高齢者や子供にとって暮らしやすい住宅になるように、神奈川のハウスメーカーにアドバイスを求める事をおすすめします。

サイト内検索
注文住宅コラム