【神奈川】注文住宅工務店・ハウスメーカー選びにおすすめの相談窓口ランキング!【口コミや評判も合わせてご紹介】

神奈川で夢のマイホーム!注文住宅がおすすめの理由

公開日:2019/04/11  

神奈川で住宅をつくる際、その方法には様々なものがあります。 数ある方法のなかでもおすすめしたいのが、間取りの自由度が高い注文住宅で家を建てる方法です。

ここではそのおすすめポイントについて説明していきます。

 

注文住宅で最も大切なポイント

注文住宅を建てるにあたり、いくつかポイントがありますが一番重要なことは「自分が理想とする住宅のイメージ」を明確に持っていることです。 それはどんなものでも構わないと思います。

例えば「リビングと一体的に使えるアウトドアリビング」や「2層吹抜けのあるリビング」、「モダンデザインを強調した外観」などです。 こうした「自分が理想とする住宅のイメージ」が重要な理由は、住宅の購入方法の特徴によるものです。

建売の場合は、実際に建っている住宅を見てイメージを膨らますことが多いですが、注文住宅はその逆です。 注文住宅のメリットである「自由な間取り」をより理想に近い形で実現するためにも、明確に自分の理想を持っている必要があります。

一貫したイメージがあることで、よりデザイン性の高い注文住宅が実現できます。 せっかく神奈川で住宅を検討するのであれば、周辺環境を含めたイメージを持つのもありだと思います。

具体的には、「海を眺めることのできるベッドルーム」や「山奥で静かに暮らせるコンパクトな家」といったように、自然豊かな神奈川ならではのイメージを持つことも有効です。

 

注文住宅で家を建てる理由とメリット

明確な「自分が理想とする住宅のイメージ」が持てたら、次はどのような形で住宅を建てるかが重要です。 住宅を建てるにはいくつかの方法があります。

建売住宅を購入する場合は、あらかじめ建設された住宅を実際に見て購入するもので、「現物がある」という安心感がある反面、既製のものを購入するため真の意味で自分に合った住宅と言えません。

工務店に設計から施工までを依頼する方法もありますが、数ある工務店から自分に合った業者を選ぶのは至難の業です。仮にいい会社が見つかったとしても、会社の規模によってはつぶれてしまうリスクがあります。

設計事務所に施行監理を依頼し、工事業者を選定するという方法もあります。自由度やデザイン性が高いメリットがある反面、こだわりすぎて予算を超えてしまったり、設計事務所によっては検討に通常以上の設計期間を要するところもあるようです。

そこでおすすめなのは、間取りの自由度が高く一定のメーカーであればつぶれるリスクの少ない「注文住宅」です。 注文住宅業者は、こうした住宅のオーダーメイドに特化しているため、予算に対する配慮についても安心できます。

 

注文住宅の設計段階でのポイント

注文住宅業者を選定したのち、いよいよ具体的な「設計打合わせ」が始まります。 設計の初期の段階は、憶することなく自分が理想とする住宅のイメージを担当者にぶつける時期です。

ある程度設計が進んでしまうと後戻りがしにくくなってしまうため、多少無理があっても自分の主張を伝えた方がいいです。 その後、担当の設計者より様々な提案を受けます。

必ず複数案を提示してもらい、ピンとくるものがなければきっぱりと断った方が間違いないです。 その方が自分の好みやイメージが相手に伝わりやすくなります。

こうした提案と選定を繰り返すことで、次第に基本プランが出来上がっていきます。 中盤から終盤にさしかかり、プランが固まってきた段階でいよいよ「概算工事費」の提示があります。

いままでは理想論だけをぶつけられる時期でしたが、この概算工事費がでた以降は、お金という現実に向き合う必要があります。 終盤は改めて「自分の理想とする住宅のイメージ」を見つめなおし、予算内でおさまる形に計画を固めていくイメージになります。

この段階ごとのポイントを押さえることで、妥協のない家づくりが可能になります。

 

将来を見越した平面計画

注文住宅の設計段階において、そのステップごとのポイントを押さえながら望んでも見落としがちなものが「将来を見越した平面計画」です。

新築時では、そこまで頭が回らないケースが多く当初は納得できるものであっても、将来家族構成の変化などに追従できず、増改築を余儀なくされることもあるようです。 そのため、新築時の設計段階から将来の家族構成の変化をある程度予測することが必須となります。

将来の家族構成の変化への対策は様々な方法があります。 よくあるものに、「子供室を将来1室から2室に仕切れるようにするもの」や「リビングに和室を隣接させ多目的室と予備室を兼ねる」という手法があります。 両方ともよく見る方法ではありますが効果的な手法です。

さらに、将来計画で見落としがちなのは「家族が減る」ことに対する対策です。 マイナスの意味ではなく、近年の少子高齢化を背景に現実味のある将来予想になっています。 具体的な対策として、「極力面積をコンパクトにする」ことや「減築を前提とした間取りにする」ことなどの方法があります。

こうした将来計画にも柔軟に対応できるのが、注文住宅をおすすめするポイントです。

 

注文住宅の施工段階でのポイント

設計を完了した後にいよいよ施工が始まります。 設計したものをそのまま作るだけで検討することはないと思われている方も多いかもしれませんが、ここからが真の意味での家づくりの始まりです。

実際に基礎が立ち上がり平面図が現地に立体的に現れてくると、これまで平面からの視点でしか見られてなかったものに対し、より具体的なイメージが沸くようになります。 さらに建て方と呼ばれるいわゆる「上棟」が完了すると、住宅のボリュームがほぼイメージできます。

ここまでくると大きな変更はできませんが、今後の内装工事にあたり仕上げのイメージをより具体的に検討することができるようになります。 通常の建売住宅ではできない部分ですが、この注文方式の住宅であればぎりぎりまで検討することができます。

ここで再びでてくるのが工事費との兼ね合いです。ここに関しても、注文方式の住宅業者のノウハウにより、よりよい提案やアドバイスを受けられる可能性があります。

このように、施工段階での検討についても、可能な範囲であれば柔軟に対応できることも、注文方式で住宅をつくるメリットのひとつです。

 

アフターフォローにもメリット

設計・施工段階におけるポイントを説明してきましたが、さらなるメリットに「アフターフォローの確実性」があります。 建売住宅の場合、その手離れの良さから「売って終わり」という感覚の業者が少なくなく、アフターフォローについては不安要素となる可能性があります。

建売業者が地元企業でない場合、その不安は大きなものになると思います。 事後メンテナンスを売りにしている工務店で建てた場合でも、その会社の規模が小さければ潰れてしまうリスクがあり、やはり不安要素となってしまう部分があります。

地元密着で依存すればするほど、潰れてしまったときの不安は大きくなってしまいます。

設計事務所で施工業者を選定した場合でも、何か不具合が起きた時に設計者は「施行者の責任」、施工者は「設計者の責任」と互いに責任を押し付けあって、結局最後に泣くのは施主になってしまうケースもあります。

その点で、注文住宅は会社規模が大きければ潰れるリスクが少なく、不具合についても同様のものに対する対処方法が蓄積されているため、安心してアフターフォローを任せられるメリットがあります。

 

住宅を建てる方法には様々なものがありますが、それぞれのメリット・デメリットを勘案すると「注文方式」の住宅の方がメリットがあり、特に神奈川においては優良な企業が多いためおすすめする方法です。

さらに、設計・施工時のポイントを押さえることで、納得のいく家づくりができるはずです。

サイト内検索
注文住宅コラム