【神奈川】注文住宅工務店・ハウスメーカー選びにおすすめの相談窓口ランキング!【口コミや評判も合わせてご紹介】

神奈川で注文住宅を購入するときに準備するもの

公開日:2019/06/15  最終更新日:2019/04/16

神奈川県で生活をしたいときには注文住宅を購入しましょう。これは各ハウスメーカーや工務店を利用すれば対応してくれます。

ただ住宅を購入するときには、ある程度準備が必要になるので注意が必要です。ここでは住宅購入時に必要になるものを紹介します。

 

諸費用を用意しておくのが基本

注文住宅は業者を利用して新規で建築してもらうのが特徴です。建売などよりも魅力的な部分が多く理想の住宅を建築できます。ただ住宅を建築してもらうときには、それなりの資金が必要になるので知っておきましょう。基本的に建売と比べるとハードルが上がります。諸費用は特に重要な部分で税金や仲介手数料などが必要です。こちらは基本現金で支払いを行います。

注文住宅の場合は建売やマンション購入と比較すると、多くの諸費用がかかってしまうので資金計画はしっかり立てておかないといけません。注文住宅は建物が完成するまでに工事契約金や着工金なども必要になるのがネックです。これは数回に分けて支払うことになりますが、途中でお金が足りなくなってしまうと大変です。

こういうときはつなぎ融資と呼ばれるものが利用できます。つなぎ融資は住宅ローンの契約を行い引き渡しが行われるタイミングで融資してもらえるサービスです。こちらは住宅ローンと同じ金融機関を使うかノンバンクを利用するのが一般的といえます。資金繰りをうまくするために必要なものなので、資金が足りないときは利用しましょう。

 

自己資金はできるだけ多く確保する

神奈川県で住宅を建築するときには多額のお金が必要です。自分の貯金などを利用して一括で購入できますが、一括購入できる人は少ないでしょう。一般的に住宅を購入するときには住宅ローンを利用します。これは銀行が行っているサービスの1つで多額の金額を借り入れできるのが魅力です。

注意点として住宅ローンを利用するときには自己資金が必要です。頭金とも呼ばれるもので少ないほど返済額が多くなる傾向があります。借り入れしたときの負担も大きくなるため、ある程度の自己資金を用意しておきましょう。

基本的に頭金は住宅の購入金額の1割や2割ほど用意します。実は頭金をうまく利用すれば金利が下がる金融機関が多いです。これにより自己資金を多く持っていけば最終的に支払う金額は少なくなるのでお得といえます。

場合によっては同じ物件価格でも頭金の有り無しだと総返済額が800万円近く安くなるといったメリットもあります。ただし生活に余裕がない状態で自己資金を多く出してしまうと、生活が苦しくなる場合もあるので注意です。これは状況を確認して頭金を計算しましょう。

 

カタログや住宅展示場を使い選定をする

神奈川県には多くのハウスメーカーがあります。工務店や大手ハウスメーカーなど、多くの場所が利用できます。理想とする注文住宅を購入するときには、まずカタログを取り寄せる準備をしましょう。各サービスに申し込みをするとカタログを簡単に取り寄せできるのでおすすめです。カタログには各商品のメリットや特徴などが書かれているので、お気に入りの一品を見つけることができます。

ただカタログだけではわからない部分もあるため、こういうときは住宅展示場を利用します。こちらは工務店などが行っているサービスの1つです。そのメーカーが扱っている住宅を建築しています。

住宅展示場に行けば各サービスの建物を確認できるのが強みです。また住宅を内覧できるメリットもあるので、直に使い勝手などを確認できるのがメリットと言えます。各展示場では担当者がいるので、この方に質問ができます。

わからないこともその場で聞くことができるため、カタログを併用して購入する注文住宅を選定しましょう。うまく利用すれば満足感を得られる買い物をできるのでおすすめです。

 

不動産登記を行う必要がある

土地を所有するだけでなく住宅を購入するときには不動産登記が必要です。土地や建物はあまり購入する機会がないものなので不動産登記を理解している方も少ないでしょう。基本的に不動産登記は土地や建物に関係する情報が記載されています。

土地と建物登記と呼ばれるものが用意されていて、それぞれの情報は4つの項目で成り立ちます。注文住宅を神奈川県で購入するときにも申請をしないといけません。

ただし4つのうちの表題部を除く権利部(甲区)と権利部(乙区)と共同担保目録登記は絶対にする必要があるものではないです。表題部の登記に関しては不動産取得をして1ヶ月以内に手続きを行いましょう。これをしておかないと10万円以下の過料が発生するので余計にコストを支払わないといけません。手続きをしなくても良い項目があるものの、この不動産登記は所有権を明確にするものです。

安全に不動産取得をしたいのならしっかり書類作成を行い手続きをしましょう。未登記の場合は不動産を担保とした融資を受けられない場合もあるので、万が一のことも考えて手続きをするのが基本です。

 

工事請負契約の契約書をじっくりチェックする

注文住宅は専門の業者に依頼をして土地に建物を建築してもらいます。業者はクライアントの土地で工事を行うのですが、その際工事請負契約を行います。これは家造りの工事をする前に、施工会社と施主が書面で交わします。

契約時に必要になる書類は工事請負契約書の他に工事請負契約約款に見積書や設計図書です。合計で4つの種類が交わされるので理解しておきましょう。これらの書類は工事をスムーズに行う上で必須になるものです。契約書はかなりボリュームがあり細かい部分まで詳しく書かれています。

契約時にすべての項目に目を通すのはけっこう大変な作業です。そこで後から確認できるようにすべての書類を事前コピーしてもらいましょう。こうすれば後からじっくりと内容のチェックが可能で、不備があるときに指摘できます。疑問があったときには担当者に問い合わせして解決を行えます。

事前に内容を確認しておけば契約当日にスムーズに契約を行えます。ちなみに建築士と設計士や工事監理の委託契約をするときには、重要事項説明書の交付を受けて契約をします。トラブルを防ぐためにも必ず確認しておきます。

 

土地を購入する準備もしないといけない

住宅を建築するには土地が必要です。これは購入までの準備があるので注意しておきましょう。基本的に土地の購入は不動産屋を利用しますが、その際販売している物件はすばやく確保しないといけません。不動産屋が販売している土地は早いものがちです。

良い土地が見つかってもすばやく購入をしないと他の人に買われてしまう可能性があります。そうなると土地選定までの時間が長引いてしまうため、注文住宅を建築するまでの時間も長くなってしまうのがネックです。この土地購入の準備ですが、いきなり不動産屋に行かずネットを使い物件を探します。見つかったら所有する不動産屋に出向き手続きを行います。

完璧に条件を満たす土地を探すのはかなり困難なので、希望の7割近くを満たすものを選定するのがおすすめです。 また探すのが大変ならハウスメーカーや工務店に依頼しましょう。

こちらは仲介専門のプロを抱えている場合がほとんどで、不動産屋とつながりなどもあります。土地には用途地域と呼ばれるものが設定されています。高い建物を建築できない低層地域もあるので注意です。このようなルールがあるので専門家に依頼をするのが安全です。

 

注文住宅の購入は非常に準備が必要になるので計画的に行いましょう。特に頭金の確保は重要な準備です。ここで多くの自己資金を獲得できれば、その後の返済も楽です。

また不動産登記は見落とさずしっかり4項目登記しておくと、所有権トラブルを回避できます。

サイト内検索
注文住宅コラム