【神奈川】注文住宅工務店・ハウスメーカー選びにおすすめの相談窓口ランキング!【口コミや評判も合わせてご紹介】

神奈川の注文住宅で人気のエクステリア

公開日:2019/05/15  最終更新日:2019/04/16

神奈川で注文住宅を購入する際にエクステリアにこだわると、住宅の外観が美しくなるだけでなく機能性にも満足できる住宅になります。玄関アプローチやフェンスなど、注文住宅に最適なエクステリアをいくつか紹介します。

 

外の空気を感じられるテラスを作る

住宅にテラスを作るだけで日光浴を楽しめて、開放感を堪能できるわけではなく、テラスのデザインを考えなければ風通しも日当たりも悪くなってしまいます。神奈川の注文住宅を建築する際には、素敵なデザインのウッドデッキを数多く建築してきた企業を頼って、外構のデザインを変えてください。

まず注意するべきなのがテラスの方角で、北側を向くように作ってしまうと日光を十分に取り入れる事ができずに、日光浴を楽しめず洗濯物も乾かないデザインになってしまいます。通気性を高めるためにも周辺に大きなフェンスなどを作らずに、風の通りやすさを重視したデザインにした方が良いです。

上手く風が通らない設計だと湿気がこもって、雨が降りやすい梅雨や湿気が上がりやすい夏場には、テラスにいるだけで蒸し暑さに苦しむ事になりかねません。床にスリットをつけると風が通りやすくなって、湿気もスムーズに抜けていきます。

周辺をガラスで囲むようなデザインのウッドデッキを作る際にも、断熱ガラスを使えば暑さをしのげると考えずに、ある程度は通気性を高められる設計にする必要があります。

 

注文住宅の車庫を格安で作る方法も

愛車を保管するための車庫を作りたくても、神奈川の注文住宅を建築するための予算が足りるか不安な時には、ガレージではなくカーポートを建築するためのエクステリア工事を行ってください。

壁や天井に囲まれているガレージと比べて、屋根と柱だけで作られているカーポートは工事にかかる費用も安くて、外構を美しく見せたい時にも役立ちます。雨や雷からも愛車を守る事ができて、屋根と柱のデザインにこだわるだけで、エクステリアのおしゃれさをアピールできるのもカーポートの魅力です。

ガレージと比べると風から愛車を守るのは難しくなりますが、建築工事が安くなるので予算的な余裕があるか不安な時にも、とても便利なエクステリアとして注目されています。ガレージを建築する事にした際には、シャッターの形状やデザインにこだわる事でコストを削減できますから、神奈川の注文住宅メーカーのスタッフと費用の相談をしてください。

天井を取り付けずに門扉で仕切っているだけの設計もあり、天井を作るエクステリア工事の費用を節約できるので、予算に合うガレージやカーポートの作り方を選ぶ事をおすすめします。

 

リラックスできる空間を求める人に最適なサンルーム

注文住宅を建築する際にはリラックスできる空間をいくつも作り、家族と一緒に幸せな時間を過ごしたいと考える方々におすすめなのがサンルームで、室内にいながら日光浴を楽しめます。壁と天井をガラス張りにしているのが特徴で、壁などが日光を遮ってしまう心配もないので、自然光を全身に浴びて読書や昼寝を楽しむ事が可能です。

アメリカやヨーロッパでは住宅の開放感を演出するために、サンルームやガーデンルームなどを設置しており、ガラス戸を開けば庭にそのまま足を運べる設計になっています。ガラスで仕切られているので雨が降っている日でも洗濯物を干す事ができて、通風孔を取り付ければ風だけを通しながら、サンルームの中で洗濯物を乾かせるのも魅力的です。

気密性に優れる設計にすれば、花粉が大量に飛んでいる季節でも、室内で快適に日光浴を楽しめます。折戸パネルを開閉できるガーデンルームは、パネルを閉じる事によってサンルームとして使えるようになり、テラスとの相性も良いです。折戸パネルのデザインも自由に変える事ができるので、注文住宅の専門家と話し合ってから設計を決める事をおすすめします。

 

フェンスの作り方次第で防犯性が高まる

空き巣に怯えずに済む注文住宅を建てたい時には、フェンスの設計にこだわりを持つ事が重要で、外からの視線を完全に遮るような設計にしてしまうと、空き巣に狙われやすくなるので気を付けてください。

ドアのカギを開けようとしているところを、周囲に見られにくい設計になっているだけで空き巣にとっては好都合です。ある程度は見通しが良くなるようにフェンスを作っておくだけで、通行人の視線が気になって空き巣が侵入しにくくなります。上部が尖っているデザインのフェンスも空き巣の侵入を防ぎやすくなるので、防犯性を意識するなら上部の形状にこだわった方がいいです。

防犯性が落ちないように頑丈なフェンスを作る事も重要で、基礎部分の工事を雑に済ませてしまうと、軽い力を込めるだけで簡単に押し倒されてしまいます。支柱を固定するための穴にモルタルなどを充填させて、本体を組み立てていく工法であれば耐久性も十分です。DIYの初心者が自力でフェンスを作ろうとすると、耐久性が不十分なまま放置する事になりかねませんから、注文住宅メーカーのスタッフを頼る事をおすすめします。

 

老後の暮らしも意識した玄関のデザイン

年齢を重ねても同じ注文住宅で暮らしていきたいのなら、老後の暮らしを考えながら玄関のデザインを決めなければ、外出するのも面倒だと感じる住宅になってしまいます。

特に注意が必要なのが玄関先に階段のある住宅で、車椅子に乗ったまま移動をしやすいように玄関アプローチにスロープなどを設置した方がいいです。スロープがあると車椅子で段差を移動する際にも、家族が車椅子を持ち上げる必要がなくなります。ドアを開けたところを道路側から見られるのが嫌なのであれば、玄関アプローチに小さな壁を取り付けておくだけで、プライバシーを守る事が可能です。

ただし壁が大きすぎると圧迫感を覚える事になりますから、プライバシーを守れる程度の大きさの壁になるように調整する必要があります。水はけを良くする事も重要で、勾配をつけておけば雨水も自然に流れるようになり、カビの臭いに悩まされずに済みます。

土汚れが目立ちにくいように、アプローチに使用するタイルはベージュやグレーなどを使うのもおすすめで、カタログをよく見てからタイルのデザインを決めた方がいいです。

 

ベランダとバルコニーの作り方で住宅の印象は変わる

リビングだけでなくバルコニーにも家族が集まって、日光浴をしながら読書や昼寝を楽しめるようになるのが、注文住宅のバルコニーのデザインにこだわる利点です。ベランダは室外に張り出した屋根のあるスペースを指すもので、バルコニーには屋根はついていません。雨水もそのまま入ってきてしまうので、水が流れやすい設計にする必要があります。

バルコニーにガラスやポリカーボネートなどの屋根を取り付けて、雨水が入り込まない設計に変える事も可能です。南向きや南東向きにバルコニーを作れば、風通しと日当たりが良くなるので、洗濯物を干したり日光浴も楽しみやすくなります。

屋根のサイズを大きくしすぎると圧迫感を覚えてしまい、開放感が台無しになる可能性もありますから、どれほどの大きさの屋根を取り付けるべきか注文住宅メーカーのスタッフに相談してください。防水効果のある塗装が安物だと、施工から数年で剥がれてしまう可能性もありますから、品質のいい塗料を用意して塩化ビニールシートなどで補修もしてくれる、神奈川の注文住宅メーカーを頼った方がいいです。

 

エクステリアのデザインにこだわるだけで注文住宅の防犯性も高まり、通気性を改善する事でウッドデッキなどで昼寝も楽しみやすくなります。老後の暮らしも考えた設計にするために、専門家の意見を求めてから工事を始める事を推奨します。

サイト内検索
注文住宅コラム