【神奈川】注文住宅工務店・ハウスメーカー選びにおすすめの相談窓口ランキング!【口コミや評判も合わせてご紹介】

神奈川の注文住宅買うならおすすめの人気デザイン

公開日:2019/04/15  最終更新日:2019/04/11

美しさと機能性の両方に満足できる、神奈川の注文住宅を購入したいのなら、内装と外観のデザインにこだわるために、人気物件の構造が参考になります。

神奈川県にある物件の中から、特に人気の住宅デザインをいくつかご紹介します。

 

断熱性にこだわった健康的な暮らし

冬になると定期的に窓の結露が発生している家庭は、その結露が原因でカビの胞子が大量に増えてしまう可能性がありますから、すぐにでも窓の断熱性を高めてください。

神奈川で人気のある注文住宅の一部には、窓を二つ取り付けている物件も増えており、二重サッシを活用すれば窓の結露を予防できます。 結露が発生した時点で窓の周囲に湿気が溜まっていて、その湿気に吸い寄せられるようにカビの胞子が増えてしまい、カビアレルギーを発症する可能性もあるので注意が必要です。

二重サッシを採用している住宅であれば、窓の結露を防げるだけでなく室温が外気の影響を受けにくくなり、寒さにも暑さにも強い物件に変化します。サッシの色合いや形状にこだわる事によって内装のおしゃれさにも満足できて、居心地の良いリビングや寝室を作り出せます。

カーテンにカビの胞子がついて汚れてしまったり、窓の近くにいると肌寒さを感じるのが嫌だと感じていた方々にとって、二重サッシのある住宅は理想的です。注文住宅であれば窓の形なども細かく指定できるので、可愛らしさを重視したい時には、窓の形状について相談してみる事をおすすめします。

 

吹き抜けのある美しい空間を作るコツ

開放感あふれる注文住宅を神奈川で建築したくなったら、広々としたリビングなどを作るだけでなく、吹き抜けを活用する事で開放感を楽しんでください。リビングのある1階から2階にいる家族の姿が見えるだけでも、リビングが更に広くなったように感じられます。

吹き抜けの隅々まで美しく感じられる住宅デザインを作るために、間接照明などを活用しておく事も重要で、天井や壁の一部が暗いと開放感を楽しめない住宅になりかねません。2階の壁に窓を取り付けたり天窓を用意するだけでも、吹き抜け全体が明るくなったように感じられますから、光の演出で開放感を楽しめるよう工夫する事をおすすめします。

吹き抜けがある住宅は断熱性が不十分だと考えてしまう人もいますが、風の流れ方を工夫すれば冷暖房の効率を大きく落とすような事もなく、快適な暮らしを楽しむ事が可能です。床暖房と吹き抜けの相性も抜群で、足元から温まるために広々とした空間でも寒さを感じる事なく、家族と幸せな時間を過ごせます。開放感のある住宅を完成させるためにも、プロのアイデアを活かした住宅作りを始めてください。

 

ロフトのある住宅は外観もおしゃれ

外観がおしゃれな注文住宅を神奈川で建てたくても、良いアイデアが思い浮かばなくて困っている方々に、ロフトに出窓を取り付けた物件は最適です。住宅の高い位置にロフトを設置する事によって、窓から美しい夜空も眺める事ができて、自宅で心が落ち着く時間を過ごせるようになります。

ただしロフトは大きさに注意しなければ、頭を上げるだけで天井にぶつかってしまったり、多くの物を設置できない空間になってしまうので注意が必要です。ある程度の広さを用意しておけば、コレクションしているアイテムを設置するためのスペースとして使えたり、子供が勉強に集中するための空間としても活用できます。

大きな出窓を取り付けておくと、ロフトが存在する住宅だという事が外から見ても分かりやすくなり、おしゃれな外観を作り出せます。外観を少しでも良くしたいと考えてアイデアを練っている方々は、窓の形だけでなく設置する場所にもこだわりを持ってください。

ロフトと出窓の相性の良さを活かした構造にするだけで、家族全員が満足できる外観を作る事ができて、良い買い物をしたと思えるはずです。

 

温かみのある平屋を作るために

一目見るだけで安心感を覚えるような、温かみのある注文住宅を購入したい方々には平屋も最適で、愛着を持てる見た目を気に入って平屋を購入する方々も増えています。スマートな見た目の住宅にするためには、勾配のない真っ直ぐな屋根もおすすめです。屋根の膨らみが無くなるために見た目がスマートになり、すっきりとした外観は遠くから見ても存在感があります。

温かみのある住宅にしたいのであれば片流れ屋根がおすすめで、一枚の屋根が片側に流れるような見た目になっており、角度を調節する事でも外観のイメージが大きく変化するのが特徴です。太陽光発電パネルとの相性も良くて、日光が発電パネルに当たりやすい角度になるように、片流れ屋根の角度を調整する事もできます。

シンプルな形をした住宅だからこそ、平屋は窓やドアの取り付け方にも気を付ける必要があり、外壁とドアの色合いを同じにする事で、ドアがどこにあるのか分からないほど統一感のある外観も人気が高いです。外壁にタイルを使ったモダンな作りもおしゃれで、和風だけでなく洋風な住宅に仕上げる事もできます。

 

リビングの一部を和風にする

自宅の中に和室を用意したいけれど、部屋数を増やすべきか迷っている時におすすめなのが、リビングなどの広い空間の一部に畳を敷いたスペースを作るという人気の手法です。リビングの一部に琉球畳などを敷いておくだけで、和風なイメージの空間を作り出す事ができて、そのスペースで昼寝をして心と身体を落ち着かせる事もできます。

おもてなし用の空間として活用する事もできるために、洋風な住宅に和室を用意するべきか迷っている方々にも最適です。琉球畳は一枚ずつが軽いために畳を片付るのも簡単ですから、お客さんが来た時だけ和風なスペースを用意したい時にも、リビングの一部に畳を敷ける設計は役立ちます。和風なスペースに段差を作っておけば、段差の部分に引き出しをつけて収納として活用できて、リビングに置いてある物を収納する事も可能です。

大きな和室を用意しなくても住宅の雰囲気は変えられるという事を意識して、ハウスメーカーや工務店と相談をしながら、自分の理想に合うデザインを作り出してください。長時間の相談にも乗ってもらえるので、遠慮をせずに話を聞いてもらう事をおすすめします。

 

屋根裏も収納スペースとして活用

収納スペースが足りない事に悩んでいる方々から人気が高いのが、屋根裏を収納として活用している注文住宅で、窓を取り付ける事で明るい空間を作り出せます。住宅の一番高い位置になる部屋なので窓からの景観も良くて、周囲の音も気にせずに読書を楽しめる書斎を作りたい時にも最適です。

自力で屋根裏を収納として利用しようとすると、湿気などもこもってしまいカビが生える可能性があるので、工務店などと相談をしながら屋根裏の設計を考える事を推奨します。注文住宅は自由度が高いので誰かが屋根裏部屋に近付くとセンサーが反応して、自動で照明がつくような設計にもできます。

子供は高いところが好きなので、子供部屋を作るために設計を変えるのもおすすめで、窓からの景色を見るだけでも子供たちがワクワクしてくれるはずです。屋根裏の東西南北に大きな窓を取り付ける事によって、展望室のようにデザインを変える事ができて、景色を楽しみやすい住宅になります。階段ではなくハシゴを使って登る設計にするのか、デザイナーと時間をかけて話し合いながら設計を決めてください。

 

人気の高い注文住宅のデザインを参考にすれば、おしゃれさと機能性の両方で満足できる住宅が完成します。断熱性を高めるための構造の変え方など、工務店やハウスメーカーの専門家にアドバイスを求めながらマイホームを作り上げる事をおすすめします。

サイト内検索
注文住宅コラム