【神奈川】注文住宅工務店・ハウスメーカー選びにおすすめの相談窓口ランキング!【口コミや評判も合わせてご紹介】

神奈川で注文住宅を買う前にチェックするポイント

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/04/16

神奈川県で注文住宅を建てたいという場合、購入する前に確認すべきことがいくつかあります。注文住宅は建売住宅とは異なり、細かいところまでこだわって理想の家を建てることができます。

しかし、大きな買い物ですし、適当に建てると後になってから後悔することがあるかもしれません。

 

神奈川で注文住宅を建てたいなら

注文住宅にはマンションや建売住宅とは異なり、細かいところまで好みに仕上げることができるというメリットがあります。しかし、細かいところまで自力で決められるというのは大変な部分もあるのです。家を建ててしまってから後悔するのを防ぐため、全体像だけでなく、細部までしっかりイメージしてから建てるようにしましょう。

どのような家にしたいのかは家族でしっかり話し合うことが大切です。きちんと話し合わずに進めてしまうと統一感のない家になってしまうこともあります。イメージ通りの家を作りたいという場合、建築士やインテリアコーディネーターといった専門家のアドバイスを参考にするのもおすすめです。

もちろんそのような専門家はあくまでサポートをしてくれるだけですし、最終的には購入する人がすべてを決めていく必要があるのです。そこで重要となるのが事前の情報収集です。

家を建てるには内装や外装だけでなく、工法や住宅設備、インテリアなども選んでいく必要があります。インターネットなどで情報収集をすることにより、事前にどのようなものがあるのか知ることができるのです。

 

神奈川で注文住宅に憧れている人は多い

神奈川で一戸建てに憧れてといった理由で注文住宅を買ってしまう人は多いです。しかし、具体的なプランがないまま家を建ててしまった場合、後になってから後悔してしまうこともあるのです。実際に住み始めると暮らしにくいと感じてしまったり、イメージと違うといったことがあるかもしれません。

そのような失敗を防ぎたいという場合、まずは何のために注文住宅を建てるのかという目標を明確にすることが大切です。どのような家に住みたいのかということを家族全員で話し合ってみましょう。子供が増えたからということや周辺環境の良いところで子育てしたいといったこと、将来的に親と同居したいといった具体的な希望を確認することがポイントです。

そして、そんな家にすれば希望が実現できるのかをよく考えてみましょう。注文住宅では土地の選び方も大切なポイントとなります。ライフスタイルは時間とともに変化するため、どのような周辺環境が望ましいのかを考え、最適な土地を選ぶようにしましょう。

通学路の安全性や駅、コンビニ、スーパーなどの位置なども重要です。また、利便性の追求だけでなく、自然災害に備えることも大切であり、地盤の固さや海抜などもチェックしておくべきです。

 

土地と業者を同時に探すことがポイント

周辺環境を確認して気に入った土地を見つけたら、とりあえず確保したいという人もいるかもしれません。資産があるならそのような方法でも問題ありませんが、基本的に土地だけを先に買うのはあまり良くないということです。土地を購入した場合、その土地に住宅を建てることが確実な場合のみ住宅ローンを利用することができます。

つまり建築プランがはっきりしない段階で土地を購入すると、住宅ローンを利用することが難しくなってしまうのです。もともと住宅ローンより土地だけのローンの方が金利が高くなっています。住宅ローンが適用されなかった場合、高い利息を払わなくてはいけなくなるのです。

住宅ローンが借りられるようになったら借り換えることができますが、竣工が遅れたら費用面での負担が大きくなります。このような理由があるため、土地と建築業者は同時に探すことが重要です。建築業者を探しながら土地を探す場合、土地の購入費用を住宅ローンで全てカバーできる可能性が高いです。

また、全ての手続きを建築業者が管理してくれるため、スムーズに家を建てることにも繋がります。建築業者探しは注文住宅を建てる上で重要なポイントであり、どんな家を建てたいのかという視点で業者を探していくと良いでしょう。

 

工法についてもチェックしておく

神奈川の注文住宅の場合、建築設計事務所や工務店、ハウスメーカーに建築を依頼することになるでしょう。工務店やハウスメーカーならモデルハウスを持っているところが多いため、そこをチェックしながらイメージを固めていくのがおすすめです。モデルハウスでは内装を見てしまうことが多いかもしれません。

もちろん内装が好みかどうかも重要ですが、工法についても確認しておくべきなのです。事前に確認しないと後悔してしまうこともあるのです。住宅にはさまざまな工法がありますが、どの工法にもメリットとデメリットがあります。業者によってできるものとできないものが違ってくることもあるため、きちんと確認しておきましょう。

ちなみに、モデルハウスを見ただけでは工法は分かりませんし、スタッフから説明を受けておくことが大切です。ハウスメーカーで建てるなら設計や内装も含めて一括で依頼できますが、工務店の場合は内装などは自力で決めるか、別途コーディネーターに依頼する必要があります。その場合は住宅設備メーカーのショールームを利用すると良いでしょう。

 

建築設計事務所や工務店に任せる

神奈川で注文住宅を建てる方法としてまずは建築設計事務所に任せるという方法があります。建築設計事務所は建築デザインのプロであり、個性的な住宅を建てたい場合におすすめです。住宅の外観にこだわりたい人はもちろん、内装やインテリアなどにもこだわることができるでしょう。

建築設計事務所といっても得意な分野は業者ごとに異なります。そのため事前に施工例などを確認しておきましょう。建築設計事務所はデザイン性が高いだけでなく、細かい要望にも対応してくれることが特徴です。専門的な視点からアドバイスを受けられることもポイントですが、他の建築業者を利用する場合より費用が高くなることが多いです。

また、希望をしっかり伝えられないとイメージ通りの家を建てられないことも多いため、綿密な打ち合わせが必要となります。工務店に依頼して家を建てるという方法もあります。工務店は地域密着型の業者が多く、その地域に合った家を建てることができます。技術力が高く、細かな要望にも対応してくれるでしょう。

また、工務店はあまり宣伝活動を行っていないため、費用が安く済むことも特徴です。しかし、あくまで建築のプロであり、デザイン性を追求したい人にはあまり向いていないかもしれません。

 

ハウスメーカーに依頼するメリット

神奈川で注文住宅を建てるなら、ハウスメーカーに依頼したいという人も多いでしょう。ハウスメーカーは総合力に優れていることが特徴です。デザインや建築技術があることはもちろん、金融や実務の知識などもしっかりカバーしています。建築に関する豊富な知識と実績を持っており、全ての分野に専門知識を持ったプロがいるので安心です。

注文住宅はとても大きな買い物ですし、失敗したくないと考えている人がほとんどです。そのためには信頼できる建築業者を選ぶことが大切であり、信頼できるかどうかに関わってくるのが過去の実績なのです。ハウスメーカーに依頼すると、建築資材や設備の費用を安くできるというメリットもあります。これは資材や設備を大量発注して仕入れることができるためです。

モデルハウスがたくさんあるため、完成後のイメージを掴みやすいこともポイントです。実際にその場に立ってみないと、分からないこともたくさんあるでしょう。各地域に店舗があるメーカーの場合、地域に密着した建築も得意です。

しかし、ハウスメーカーは大規模な広告活動を展開しているところが多く、その費用が住宅費用に上乗せされることもあります。こうしたケースでは意外と費用が高くなってしまうかもしれません。

 

神奈川で注文住宅を建てる時のポイントは、その後の人生を楽しく快適に過ごせるかどうかということです。せっかく家を建てたのに後になって失敗したと感じてしまうのは残念ですし、住宅ローンを返済していくのが辛くなるかもしれません。

サイト内検索
注文住宅コラム