【神奈川】注文住宅工務店・ハウスメーカー選びにおすすめの相談窓口ランキング!【口コミや評判も合わせてご紹介】

神奈川でビルトインガレージ付の注文住宅を建てる際のポイント

公開日:2019/06/15  最終更新日:2019/04/16

自宅にガレージがあると車を駐車場を利用しなくても済みます。かなり便利なものですが、導入するときにはちょっとしたコツがあるので理解しておきましょう。ここではガレージ付き注文住宅を購入するときのポイントを6つ紹介します。

 

土地が狭いときにはどうすればいいのか?

神奈川県の都心といえば郊外に比べて土地の値段が高めです。それだけに予算内で注文住宅を建築するのがかなり困難でしょう。土地の値段を安くして住宅の値段に回すのが理想的です。ただこのような購入方法をすると土地が狭くなってしまいます。狭い土地にガレージを設置するのはかなり困難です。こういうときに非常に便利なのがビルトインガレージと呼ばれる商品です。

ビルトインガレージは注文住宅を販売する工務店などが扱っている商品で、こちらの商品は家と車庫が合体しています。基本的に住宅の1階部分が車庫になっているのが特徴です。これなら狭い土地でも簡単に車庫を設置できるので使い勝手が優れています。

家の一階部分を使用するため、住居部分は2階や3階です。縦に伸びるタイプの住宅構造をしています。車と家の距離が非常に短く設定されているので雨に濡れずに乗ることができるといったメリットもあります。

合理的な構造をしている住宅なので購入するときには選択肢に入れてみましょう。住宅の構造も工務店などにより違い、外観もおしゃれなものが多く選ぶ楽しさも魅力です。

 

固定資産税の削減をうまく使うとお得

注文住宅は販売価格の高い商品です。購入をするときには多くの方がコスト削減を考えているでしょう。カーポートなどを設置するときにはコスト削減できる手段があるので知っておくと便利です。基本的にカーポートなどの形状で住居スペースが別の棟になる構造でも、屋根があれば延べ床面積に該当します。

ちなみにビルトインガレージの場合は、占める面積が延べ床面積の5分の1未満だとカウントされません。実はこれをうまく利用すれば税金を大きく削減できるので理解しておきましょう。ビルトインガレージの固定資産税評価額は住居場所に比べて比較的低めに設定されています。一般的にポート部分の固定資産税は高めで面積が広いほど比例します。

上記のポート部分の床面積が5分の1までの広さなら、車庫部分が家の容積率から除外される性質を使うとコスト削減が可能です。

ただちょっと注意しておきたいのが贅沢な設備で、電動シャッターなどが付いていると固定資産税評価額の対象になる可能性があります。税金やシャッターのメンテナンス費用などを考慮すると贅沢な設備は控えて置くのが無難です。

 

騒音対策をしておく

自動車を自宅に保管できる便利な注文住宅がビルトインタイプです。これはちょっと注意点があるので理解しておくと便利です。基本的に室内に車を入れるため、騒音対策をしておかないといけません。エンジンの音は非常に大きく騒音を発してしまいます。

例えば早朝や深夜にエンジンを作動させるときには眠っている家族の睡眠を邪魔しないように工夫をします。 2階や3階に住居があるのなら特に問題はありません。ガレージと同じ1階に住居場所を設置しているときには騒音対策は必須です。寝室やリビングに必要な静けさがなくなってしまいます。

手っ取り早く行うには天井や壁などにロックウール化粧吸音板を使うのがおすすめです。こちらの材料は耐久性が高く耐湿性も高いといったメリットがあります。さらに防火性にも優れた素材で法適合もしているのが強みです。

一般的神奈川県の住宅にも使われているので安心して導入できるでしょう。他にも騒音対策として遮音シートと呼ばれるものも併用します。これは住宅を購入するときに工務店に相談をして、どれくらいの費用がかかるのか聞いておくと資金計画を立てやすいです。

 

排ガス対策もしっかりしておく

ビルトインタイプは室内でエンジンをかける必要があります。そうなるとカーポート内が排ガスで溢れてしまうので注意が必要でしょう。エンジンの音だけでなく排ガス対策もするとなれば、専用の設備がさらに必要になるといえます。

またオイル交換や塗装などを行うときにも健康面を考慮して、積極的に換気をしないといけません。ビルトインタイプの注文住宅を建築するときには自然換気できる構造を意識しましょう。

注文住宅メーカーの方とヒアリングを行い、どの部分に自然換気できる設備を導入するのか決めます。換気扇を導入するときにはキッチンなどに設置するような小さなものではなく、工業用の大型換気扇がおすすめです。市販されているものよりもサイズが大きいため、風量も強く室内全体の換気に役立ちます。

他にもメンテナンスやオイル交換を行っていると壁や床に汚れが付いてしまうこともあります。この汚れから異様な臭いが発生することもあるので注意です。こういう事態も考慮して室内には汚れを除去しやすいような塗装を施します。以上を理解しておけば理想的な住宅が建築できるでしょう。

 

セキュリティも考えるのが大事

自宅内にカーポートを設置できるのが魅力のビルトインタイプですが、その際セキュリティも考慮しましょう。室内は暗くなりがちになるので、死角ができてしまいます。この死角をついて室内にある車などを盗まれてしまう可能性もあります。

このことを考慮してビルトインタイプの住宅を建築するのがおすすめです。一番手っ取り早いのがシャッターを入り口に付けることです。ただシャッターを導入したいときに固定資産税が気になる人も多いでしょう。

基本的に販売されているシャッターは電動と手動が用意されています。電動だと贅沢なものとして税金が高くなってしまいますが、手動ならそんな心配はありません。そこでビルトインタイプの住宅を作るときには手動のシャッターにします。

手動なら電動のようなメンテナンスも必要なく維持コストもかかりにくいです。販売価格も電動の半額くらいの金額で売られているため、イニシャルコストも削減できるでしょう。

他にも監視カメラを室内に設置しておくと安全性が上がります。こちららはWi-Fiを使用した導入の簡単な機種が売られています。

 

照明を取り付けて事故を回避

神奈川県の注文住宅メーカーを利用してビルトインタイプの住宅を建築するときには、安全面も考慮する必要があります。基本的にガレージは室内なので暗いです。これにより物などを移動させるときには置物につまずいて転んでしまう危険性があります。怪我をしてしまうと大変なので、室内に照明などを取り付けましょう。そうしておけば転んでしまう危険性もなく、物を落としてしまってもすぐに見つけられます。

照明を設置する場所ですが、これは天井に取り付けるのがおすすめです。全体を明るくしてくれるので地面がわかりやすく、転んでしまう危険性もありません。また手元を照らす明かりも取り付けておくと便利です。

特にドアなどがある場所を把握しやすいので照明を取り付ける場所は工夫をしましょう。 ちなみに天井に明かりを設置するときには室内の広さを考慮します。例えばカーポートが小さいときには釣り照明タイプのものは邪魔になるので、埋込み型の照明がおすすめです。

他にも個々の趣味を考慮するとしてショールームみたいな室内にしたいときにも、埋込式のものにするとオシャレ感が増します。

 

ビルトインガレージの注文住宅は狭小地におすすめです。基本的に換気やセキュリティなどを考慮して建築をしないといけません。

ある程度融通の利く、神奈川県の注文住宅メーカーを利用しましょう。これは融通の利く工務店がおすすめです。

 

サイト内検索
注文住宅コラム