【神奈川】注文住宅工務店・ハウスメーカー選びにおすすめの相談窓口ランキング!【口コミや評判も合わせてご紹介】

神奈川で2世帯の注文住宅を建てるときの注意点

公開日:2019/06/01  最終更新日:2020/01/06

神奈川県には2世帯注文住宅を利用している人は多く、日常生活をお互いサポートしたり経済的な負担軽減をするなどのメリットがあります。共働き世帯の増加に伴って子育てをサポートしている親世代など多くありますが、建物を建てる際いくつか注意点があげられます。

ゆとりのあるスケジュールを設定しましょう

神奈川県には子育て世代や熟年世代など、さまざまな世代の人が住んでいます。2世帯注文住宅を建てようとする人も多く、間取りを自由にアレンジすることができるので自分のライフステージに応じて変えることが可能です。

注文住宅を依頼する場合、同居する家族とよく相談することが必要で、お互いに満足するような建物を造ることが重要になります。注文住宅は費用が高いので念には念を入れて設計したいものです。

注意しなければいけないことは、例えば意見の対立が起きた場合白か黒かすぐに決着をつけないことで、性急な判断を回避するのに具体的な解決策などに関して、家の着工までに見つければよいぐらいのゆとりが大切になります。ゆとりのあるスケジュールを設定し、家族みんなの意見が一致するような落ち着きどころを探すのが大事です。

初期段階の話し合いにおいて間取りはもちろん、子育てや介護などにおいてお互いどのように助け合うなど生活で優先する事柄から話題にすると良いでしょう。話し合う内容に関して2世帯住宅の形を決めるベースになります。将来的に2世帯住宅を検討していて実家を引き継ぐ場合、相続税などもチェックしておくことをおすすめします。

 

将来的な間取りを考えておくと便利です

神奈川県において親子一緒に暮らすメリットにはいくつかありますが、同居する家族によって家造りの状況などが変わってきます。どの段階において注文住宅を造るか認識することから、家族ならではのメリットがあり同時に注意点が見えてくるでしょう。

例えば小さな子供のいる子育て世代の場合、親から家事や育児などのサポートを受けることが可能です。しかし距離の取り方次第では子供に対する教育方針でぶつかったり、親世帯にとって元気な内に自分の時間を満喫したいと思っている人も多いです。

世帯間において考え方やライフスタイルなどの違いがありますが、その違いに関して話し合いにおいて明確にすることが大切です。いくつか違いがあることに気がつくと、快適な生活への手がかりになります。

いくつか注意したいのは将来訪れるであろう家族構成の変化で、外構や水回りを共有することによって維持管理費が抑えられますが、将来単世帯になった場合に部屋数が多くなり間取りが使いにくく感じるかもしれません。暮らしと間取りなどが合わないことで悩んでいる人は多く、できるだけリフォームや維持管理の負担を避けたいものです。

必要に応じて壁を増設したり撤去することによって部屋の数を変えられるような間取りもおすすめです。親が元気な内から将来的なことも考えておくと良いでしょう。

 

相続で失敗しないようにしましょう

2世帯住宅を購入する場合、相続で失敗しないように注意しなければいけません。例えば将来的に注文住宅に住み替えて実家を引き継ぐ場合、相続税などがかかるかチェックしておくと安心です。いつかやって来る相続に備えて活用を考える際、税金がどうなるのか確認しておくと便利です。

神奈川県では有利な制度が使えるケースもあり、例えば同居は登記の仕方に注意しなければいけません。新しい家を建てると登記が必要で、単独や共有、区分などがありますが、同居する場合に区分を行うと親世代と子世代が別の住宅を所有することになるので小規模宅地などの特例が利用できなくなります。

小規模宅地の特例は被相続人や生活を一緒している家族の事業用や住居用宅地に関して、一定要件を満たした場合宅地の通常評価額を80%減額することが可能です。この特例を利用するには単独や区分に変更する必要があるので注意しましょう。

登記の仕方によって特例が使えないケースもあるので注意が必要で、小規模宅地の特例適用にはいろいろな条件があるので事前に確認しておくことをおすすめします。

 

分離タイプや共有タイプなどさまざまです

いろいろな住宅の形があり、例えば水回りをすべて分ける分離タイプや一部については一緒に使う共用タイプなどがあります。寝室以外はすべて共有する同居タイプなどもあり、住宅の形はさまざまです。それぞれの家族のライフスタイルにマッチしていることが大切で、建物の登記方法や税制関係、将来的な家族の変化なども考慮しておくと安心です。

例えば将来的に共用タイプから単世帯仕様に変更したり、同居タイプから子育て世帯向け戸建てに変更するなどがあるでしょう。分離タイプの場合は兄弟姉妹の分割相続や賃貸転用なども比較的簡単でしょう。いろいろな用途に変更できるような住宅を造るため、電気やガス・水道などを本管から区分して設置するなど、将来的な計画に合わせた整備が不可欠です。

少なからず親子で揉めごとが生じることも多く、いろいろなトラブルを想定しておき考えられる対策をプランニングしているとリスクを抑えられるかもしれません。ストレスが溜まるような住宅での生活を避けるため、それぞれの家族に応じて玄関を分けた方が良いのか、キッチンを分けた方が良いのか検討することをおすすめします。

 

住宅ローン減税などを利用できます

神奈川県での2世帯住宅では登記方法に注意が必要で、区分登記は一階と二階部分といった親子世帯それぞれで出資額に応じて行う方法です。各世帯において住宅ローン減税などを利用できる税制面のメリットなどがあります。

その一方で相続が生じた際には注意が必要で、相続税の課税対象になる宅地部分の評価額がダウンされる小規模宅地等の特例における適用部分が減少することになるからです。相続対策を優先する場合、住宅メーカーやローンを提供している金融機関に相談したり、親子の共有や親の単独などについて検討すると良いでしょう。

住宅ローンに関して親子リレー返済を選択する人が多くいて、親子世帯の年齢などはさまざまです。資金計画に関して登記と一緒に考えながら住宅メーカーと間取りなどと一緒に相談しながら進めると便利です。

いろいろと比較検討すると条件に合った融資を受けることができます。玄関や台所・バスルームなどのすべてにおいて分離したタイプもあり、お互いの世帯スペースに入らず生活することができプライバシーを尊重することができるでしょう。

 

再建築不可物件には注意しましょう

土地に関する注意しなければいけないポイントとして、家を解体し更地にすると家が建てられないようなケースがあります。再建築不可物件という場合があり、例えば実家の土地が再建築不可物件なら実家を2世帯住宅に建替することができません。売り出されている古家物件が再建築不可物件でも同じです。

家を建てる時建築基準法によるいろいろな制約があり、自由に好きな場所に建てられるということはありません。建物の建設が認められていない再建不可物件として、市街化調整区域などにある土地の場合は17万ボルト以上高圧線下にある土地や、接道義務を満たさない土地が当てはまるでしょう。

接道義務は建築基準法に規定されたもので、敷地が道路と2メートル以上接していなければいけません。この接道義務をパスしていない土地に建てられた自宅があると、その家を解体し更地にした場合建築基準法によって新しく家を建てることができなくなるのです。

建て替え計画しているのに台無しになったということがないよう、心当たりがあるなら一度役場や区役所で確認することをおすすめします。

 

神奈川県で2世帯注文住宅に住んでいる人は多く、子育てサポートを受けるなどのメリットがあります。いくつか注意すべきポイントがあり、将来的な間取りを考えておいたり相続で失敗しないことが大切です。

中には再建築不可物件などがあるので注意しましょう。

 

サイト内検索
注文住宅コラム