【神奈川】注文住宅工務店・ハウスメーカー選びにおすすめの相談窓口ランキング!【口コミや評判も合わせてご紹介】

神奈川で注文住宅を買うなら気になる近隣問題

公開日:2019/06/15  最終更新日:2019/04/16

神奈川でこれから注文住宅を購入する方にとって、建築から新居への引っ越しまですべてが、新しい生活につながる楽しみな時間になることでしょう。

一方で、家を新築する際には近隣問題も気になるところです。ここではそんなご近所との関係について考えてみましょう。

 

建築中に気を付けておきたいこと

注文住宅に限らず、建物の建築というのは少なからず、近隣に住む方にとっては迷惑を感じるものです。作業の音がうるさかったり、出入りする業者の車が道をふさいでいるといったこともあるでしょう。

すぐ隣の家の方にとっては、建築資材の置き方や現場から飛んでくる木くずなどのゴミが、気になるということもあるかもしれません。このような問題は、建設会社が対処するべきことなのですが、家が完成した後その場所に長く気持ちよく住むために、できることはしておいた方がよいでしょう。

もっとも効果的なのは、工事が始まる前に周囲の家へあいさつに行っておくことです。「事前に何の連絡もなかった」ということが、クレームの原因である場合が意外に多いものです。

さらに材料の搬入や電気・水道工事など、特に大きな音が出るような作業をする際には、工程を把握しておき、事前に迷惑をかける旨を伝えるとともに一言挨拶しておくことも効果的かもしれません。予定より工期が延びてしまった場合にも、やはり近隣への配慮は必要です。周囲に我慢をさせているという意識を常に持っておくことが、トラブルを防ぐことにつながります。

 

信頼できる建設会社を選ぶことも重要

神奈川には、注文住宅を専門にしているハウスメーカーや工務店が多く存在しています。いざ家を建てようと思った時、どこに頼んだらよいか、迷ってしまうかもしれません。けれど、建設中のトラブルを未然に防ぐためにも、建設会社選びは大切です。

見積りの段階から、こちらの疑問に丁寧に答えてくれるかどうかなど、しっかり見極める必要があります。建設会社との付き合いは、家を建てたら終わりというわけではありません。住み始めてからも何かあった時には、メンテナンスも含めて、末永くお世話になっていくのです。この先もずっと付き合っていきたい会社かどうかを、きちんと検討してから決めるようにしましょう。

建築中に起きる様々な事柄についても、周辺住民に配慮してくれる誠意のある業者を選ぶことが大切です。近隣への配慮は、家が完成した後、そこに住む施主が気まずい思いをすることのないようにという気遣いでもあります。建設会社を選ぶ際には、数か所に見積もりを依頼し、直接話を聞くことで、信頼できるかどうかを見極めていくことが重要となるでしょう。

 

騒音に配慮した家づくりを心がける

いざ住宅が完成し、住み始めてからわかる問題というのも存在します。ご近所でトラブルになりやすいことの一つに「騒音」があります。こちらは特別大きな音をたてているつもりはないのに、うるさいとクレームを入れられた、というのもよくある話です。

音の感じ方は人それぞれ違いますので、難しいところではありますが、周辺住民の方と良好な関係を築くためにも、しっかり対処する必要があるでしょう。駐車場の車の出入りは、意外に大きな音がするものです。

可能な限り、隣家から離れた場所に駐車場を造るというのも、騒音トラブルを未然に防ぐ一つの方法です。エアコンの室外機なども、できるだけ隣家からは離れたところに設置しましょう。注文住宅の場合は、間取りから様々な物の設置場所に至るまで、施主の意見が反映されることになります。

それらを決める際に、周辺の環境も踏まえた上で隣の家などに迷惑のかからない間取り作りをすることも、大切です。完成してしまってからクレームを入れられても、間取りを変えることは難しい場合が多いですので、事前にできるだけ配慮する必要があります。

 

日ごろから挨拶を大切にすると効果的

小さな子供のいる家庭では、子供の騒ぐ声などが騒音になってしまう場合もあります。家族にとってはかわいい子供の元気な成長の証であっても、他人には騒音でしかないということもあるのです。

また、たばこの煙なども、意外と迷惑になっているケースが多いです。住宅を汚さないためであったり、家族の健康を考えて、たばこは外で吸うという人もいることでしょう。けれど、そのように外で吸っているたばこの煙が他の家へ流れ込んで、クレームの対象になってしまう場合もあります。これらのことも、やはり最大限周囲への配慮をする必要があるでしょう。

それと同時に大切になるのが、日ごろから挨拶をするということです。何かあった時に、普段から顔見知りの人と全く知らない人とでは、受け止め方が違ってくるということがあります。知らない人ならクレームにつながってしまうような事柄でも、顔見知りなら寛容に受け止めてくれる場合もあるというのは事実のようです。

普段道で会った時などに、「おはようございます」「こんにちは」などと一言声をかけるだけでも、人間関係を円滑にする効果があります。

 

その地域のルールを理解して守ること

他の地域から神奈川へ引っ越しを考えているという場合には、地域ごとのルールを把握することも大切になります。例えばゴミ出しの時間や曜日を守らないなどのことが、トラブルの原因となってしまう場合もあるからです。

「このくらいならいいだろう」と思うようなことでも、迷惑に感じている人はいるものです。それまで住んでいた土地にはなかったようなルールが存在する場合もあるかもしれませんが、それは必要だからあるのだと考え、従っていくことが大切です。

周辺にどんな人が住んでいる割合が大きいかによっては、生活パターンについてのルールも考える必要があるでしょう。若い人が多い地域なら、深夜まで賑やかでも気にしなかったとしても、お年寄りの多い地域では、深夜の騒音にも配慮する必要があるということも出てきます。

駐車場などを共同で使用する場合は、使い方に決まりがあるかもしれません。新しい土地へ引っ越しをした場合には、早めにゴミ出しの曜日などを確認し、その地域のルールに従っていくようにしましょう。ルールを理解し、溶け込んでいくことも、周囲と円滑に暮らしていく上でとても大切なことです。

 

深入りしすぎず適度な距離感を保つ

神奈川は都心に近く、県内だけでなく都心に職場のある人が家を建てることも多いかもしれません。住宅地が多く、住みやすい環境であるといえるでしょう。一戸建てを購入した場合、長く住み続ける場合がほとんどです。

気持ちよく暮らし続けていくためにも、近隣の方との関係を円滑に保つことは重要です。日ごろから挨拶をしたり、頂き物にはきちんとお返しをするなど、ゆるやかな人間関係を作っていく一方で、あまり深入りしすぎないということも大切なことです。

どんなに仲が良い間柄でも、いつどんなことがきっかけで気まずくなるかわからないのが人間関係です。立ち話をする際には、世間話など無難な話題だけにするようにして、あまり立ち入った話をしないようにしましょう。

こちらも話さない代わりに、相手のプライベートな話題にも踏み込まないようにします。適度に距離を置き、付かず離れずの関係を保つことが、身近にいる人たちと長く付き合っていくための良い方法です。

 

生活をしていく上で近隣問題は気になる事柄ですが、周辺の家が迷惑だと感じることがあったとしても、すぐにクレームを入れるのではなく、少し考える時間を置いてみましょう。ある程度のことはお互いさまだと割り切ることも、必要かもしれません。

サイト内検索
注文住宅コラム