【神奈川】注文住宅工務店・ハウスメーカー選びにおすすめの相談窓口ランキング!【口コミや評判も合わせてご紹介】

神奈川の注文住宅におすすめのインテリアコーディネート術

公開日:2019/04/15  最終更新日:2019/04/11

神奈川県で注文住宅を建築するときに注意しておきたいのがインテリアです。これをうまく調整しておくと、生活しやすくなるといえます。

ここではいくつかのコーディネート術を紹介するので注文住宅の建築に役立てましょう。

 

トイレインテリアで使えるテクニック

家の中で特に利用頻度の高い場所といえばトイレです。トイレを快適に使いたいのなら注文住宅を建築するときにインテリアも考慮するのがおすすめと言えるでしょう。特に注目をしたいのがトイレの収納部分です。

例えば頭の上に吊戸棚を作る家庭もあります。これは空いた空間を利用しているので、たくさん物を収納できるのが強みです。一見すると便利そうに見えますが、不便な場合もあります。

トイレットペーパーや衛生用品をストックしたり、芳香剤や花瓶などをたくさん置く方もいるでしょう。これをすべて戸棚の上に置いてしまうと非常に不便です。

例えばトイレットペーパーなどが切れてしまったとき、いちいち立ち上がって戸棚からトイレットペーパーを取り出さないといけません。非常に使い勝手が悪くなってしまうので吊戸棚を作るのやめておくべきです。

そこで便座の横に埋め込み式の収納ボックスを作るのがおすすめと言えます。壁の中にめり込ませて収納できるのが特徴で、すぐに手が届く場所にものを収納できるのが強みです。埋込式なので戸棚のように出っ張らないのがメリット、これにより邪魔になりません。

 

北欧とモダンを組み合わせたおしゃれな住宅

日本でも人気のあるデザインと言えば北欧風です。この北欧風とモダンをテーマとして注文住宅を建築する人も多いでしょう。

こちらの住宅はアンティークなドアなどの素材を使ってインテリアコーディネートを行います。自然な風合いが魅力の住宅で、日本では味わえない独特の空間を演出してくれるのが強みです。

北欧をテーマとした注文住宅はリビングもノルディックテイストが溢れている部分といえます。白を基調としたリビングにブラウンウッドのパーツが目立つのが特徴です。

壁面は埋込式を採用して出っ張りを回避しましょう。そうすることでスタイリッシュかつスッキリしたリビングにできます。

リビングの横にはキッチンを配置します。2つの部屋を仕切る壁にはスリットを入れて、キッチン側からリビングが見えるようにするとおしゃれです。 ここに料理を置きリビング側から取れるようにすると便利に使えます。

キッチンも白を基調として無垢な見た目にしましょう。経年経過を楽しめる木材を使用することで北欧風を演出します。扉部分は玄関とつなげると家事動線を確保できるのでおすすめです。

 

おしゃれにするのなら照明にも注目

ダイニングなどの食事をする場所は食事をするだけでなく、子供が勉強をしたり仕事をしたりします。家族の拠点となる場所なので、神奈川県で注文住宅を作るときには特にこだわりたいところです。

基本的にダイニングは照明の組み合わせで大きく見た目が変化します。照明の設定はインテリアコーディネート術の基本なので理解しておきましょう。

例えばペンダントライトと呼ばれるものがあります。これは上から吊り下げるタイプのもので、モダンかつおしゃれな見た目を演出できるのが強みです。

一般的にダイニングテーブルの大きさとペンダントライトの大きさを比較すると、3分の1やテーブルの半分くらいの大きさのライトがおすすめといえます。あまりライトが大きすぎると邪魔になってしまうので気をつけるのが基本です。

長いテーブルを配置するときには、1つのペンダントライトでは明かりが足りません。そこで複数のペンダントライトを組み合わせましょう。

ビッグペンダントと呼ばれるライトもあります。こちらはペンダントライトよりも大きなもので、一般的な照明よりも個性があります。吹き抜けの空間にぴったりです。

 

家事を楽にするコーディネート術

家で一番活動を行っているのは主婦と言えるでしょう。主婦は毎日洗濯をしたり、食事を作ったりします。そこで家事動線を意識したコーディネートを行うと生活が楽になるのでおすすめです。

特に注目をしたいのが間取りのポイントと言えます。無駄のない家事動線や回遊動線を意識して間取りを決めると快適な生活を実現することが可能です。 基本的に家事の無駄をなくすにはキッチンや洗面台の他に、洗濯物を干すスペースなどの移動を短縮します。

同じ場所を行ったり来たりするのではなく、ぐるっと一周して回れるようにすると何度も往復をする手間を省けます。これを回遊動線と呼び、快適に動くために必須な要素です。うまく回遊動線を利用すれば家事効率が大幅に上昇します。

家事は毎日行うものなので、ちょっとした距離や時間を短縮できれば主婦への負担も少なくなるでしょう。キッチンは広すぎると無駄な動きをしてしまうため注意が必要です。料理の一連の流れを考慮して同じ場所を行ったり来たりする間取りにしないのが基本といえます。

また玄関とキッチンの距離を短くして、買い物袋を運ぶ負担を軽減しましょう。

 

将来性を考えた子供部屋のコーディネート術

神奈川県にある工務店などを使い注文住宅を建築するときには子供部屋を考慮しましょう。子供部屋の間取りは基本的に6畳くらいにしておきます。

一人あたりの部屋の広さが6畳で、これを高校生や大学生になるまで使うのが一般的です。ちょっと注意しておきたいのが子供部屋のインテリアコーディネートをするときの将来性と言えます。

子供が小さいときだけを考慮して作ってしまうと成長したときに使いにくくなってしまうので大変です。こういう問題を解決するには注文住宅を建築するときに将来も考える必要があります。

また子供が2人いるときなどは最終的に個室になるようにインテリアコーディネートをするのが基本です。大きくなると2人の子供は別々の部屋が必要になるでしょう。

こういう部分を考慮した間仕切りをスケルトン&インフィルと呼び、成長することをテーマにして部屋を作ってくれるのが特徴です。

将来を考慮する間仕切り部屋を作るのなら仕切りを入れるとき、双方の部屋にコンセントを作っておきます。最初に作っておけば後で電気工事をする必要がないのでコスト削減が可能です。

 

吹き抜けのコーディネート術

吹き抜けを採用した注文住宅は神奈川県でも建築できます。こちらは天井が広く圧迫感がないのでかなり人気の商品です。また自然な明かりを入れる事ができるといったメリットもあります。

そんな吹き抜けを採用した住宅は、しっかりしたコーディネートを行うことでおしゃれに魅せる事が可能です。 天井が広いことを考慮して背の高い装飾を配置しましょう。

これは季節に合わせてコーディネートできるものがおすすめです。例えばもみの木だと、冬はクリスマスツリーを飾ることができます。かなり見栄えが良くなることと、初心者でもコーディネートしやすいのがメリットです。

吊るしアイテムを使うのもおすすめで、これは夜などに効果を発揮します。明かりの入ってこない空間にどことなくワクワク感が出るのが強みです。

例えばポップな気球やハンモックなどを配置して、遊び心を忘れない部屋を演出できます。まるで秘密基地のような見た目にできるので、童心に返りリラックスしたい時に便利です。

明かりを取り入れる事ができるのが吹き抜けのメリットと言えます。これを考慮して西海岸スタイルのインテリアコーディネートを行いましょう。カフェのような見た目で明るく活発な空間を作れます。

 

インテリアコーディネート術は非常に多くあります。機能を重視したものから、おしゃれを重視したものまで作る事が可能です。基本的にどの部分を重視するのかでコーディネートを使い分けましょう。

最初にテーマを決めておくと注文住宅を作りやすいです。

サイト内検索
注文住宅コラム