【神奈川】注文住宅工務店・ハウスメーカー選びにおすすめの相談窓口ランキング!【口コミや評判も合わせてご紹介】

神奈川での注文住宅購入でコストダウンする方法

公開日:2019/04/11  

神奈川県に注文住宅を建てて生活することを希望した際には、住宅ローンの返済を気にしてしまうことがあります。

コストダウンをしながらも、失敗しない家造り方法もあるので、その内容を事前にキャッチしておくことで、納得できる注文住宅に仕上げられます。

 

神奈川に対応している優れた会社をみつける

神奈川に建てる注文住宅では、数多くの施工会社を利用することができます。コストダウンを期待しているならば、施工会社選びは重要です。

ハウスメーカーや工務店などが該当していますが、まずは、各会社のコンセプトを理解することが必要になり、元々が高級住宅の建築を専門にしている会社は利用を避けることが賢明です。

神奈川でも複数の場所にそれぞれの施工店がモデルハウスを用意していることも多いので、休日などを利用して見学に行き、注文住宅の内外装をチェックしてみて、同時に販売価格の相場を確認することが第一歩です。

デザイン的にも問題なく、低価格を実現している会社をメインに情報収集することも肝心です。施工店によってはローコスト住宅を得意分野にしていたり、用いる資材類や機材なども販売価格を低く設定している施工店の場合は安心できると判断できます。

単に安いという価格だけを見るのではなく、モデルハウスやパンフレットなどを十分に見てから、安いながらも品質の高い住宅、若しくは地域に沢山の実績を有している施工店であれば、安心して利用できる環境にあると判断することができます。

 

コストダウンしてはならない場所

神奈川にできるだけ安く注文住宅を購入することを希望する方でも、コストダウンをしてはならない場所というものが存在しています。

最初に土地についての問題があります。お金を掛けずにそのまま建築してしまうと、地盤が悪い場所では地震の被害が予測されます。しっかりと地盤調査を行っていて、状態に合わせた補強などに対応している会社を利用することは大切です。

土地の上には最初は住宅の基礎を作りますが、この場所もコストダウンには不向きです。基礎工事は住宅の寿命に直結してしまう大切な場所なので、十分過ぎるほど強化対策を行うことは当然です。

現在では基礎工事ではコンクリートを流し込んで作ることが多く、土地によっては杭打ちを施す場合もあります。地震対策はかなり重要な内容なので、安く注文住宅を建てようと考えている方でも、省略してはならない工事です。

同じように基礎の上に施工する住宅でも、耐震性を追求することは急務なので、柱や梁などの接合箇所や壁の内部に使う筋交いなど、新しい工法を用いている会社を利用することが正しい選び方になるのではないでしょうか。

 

間取について希望を通すことは重要

注文住宅の魅力は間取りを自由に設定できることが挙げられます。一戸建て住宅の場合、土地面積により違いはありますが、神奈川の場合では3LDK~5LDKまでが標準的な範囲です。

以前の住宅事情では4畳半・6畳・8畳・10畳などを組み合わせて施工されることが多々ありましたが、現在での住宅はその限りではありません。

例えば5.5畳や6.5畳など古い時代には無かった面積でも施工可能です。このような間取りついては、間仕切りを除くと後から改築することが難しいものです。

従って後から後悔してしまうことが無いように、間取りは意思表示を明確にして基本は希望を通すことが大切です。

コストダウンを希望するあまり、間取りが希望とは異なってしまうようなケースでは、後々にリフォーム費用が莫大に掛かってしまう可能性もあるので注意が必要です。

ウォークインクローゼットなども必要としている方は、省かずに事前に明確に会社側に伝えることで、失敗に感じてしまうことが無くなります。細かな微調整も可能とされているので、間取りは妥協をしないということは大前提です。

 

エクステリアはDIYでも施工可能

注文住宅を建てる際には、住宅と合わせるようにエクステリアを充実したものにしようと考える方もいます。エクステリアでは地面をコンクリートにしたり、レンガや専用のタイルを敷いたり、芝生を張ることも良くあることです。

外塀や外柵を設置したり、お洒落なデザインの庭にする方法で、フェンスやラティスなどを利用することも該当しています。デザイン性を発揮させることは良い試みですが、あまりにこだわり過ぎてしまうと多額のお金が掛かります。

コストダウンを期待している方であれば、敢えてシンプルな状態でお金を掛けずに、入居後に自らDIYで施工することも効果的です。レンガを積み上げたり、歩行する空間に敷石を置いたり、芝生を張ったり、椅子やベンチ、テーブルなどはいつでもホームセンターで揃えることができるので、意外と簡単です。

現在ではインターネット上からでもエクステリアの事例などを閲覧可能なことをメリットとして、ある程度の時間を掛けてDIYで施工をすると、経費を大きく浮かせることができます。DIYでもグレードの高い施工は不可能ではなく、資材類はネット通販からもお得に購入できることもあり、敢えて最初はお金を掛けないことも目的達成には効果的です。

 

外装部分でも安く施工できる方法

神奈川に安く注文住宅を建てる時には、外装部分をチェックすることは基本的なことです。外壁に用いる資材に注目することができ、レンガやタイルなどを用いると、かなり高額になります。

そこでモルタル壁の他、サイディングを利用することでコストダウンを図れます。

特にサイディング系の場合は、今では進化をしていてあらゆるテクスチャーの柄物から、表面には天然のタイルなどを用いているものまであり、表面に高性能な塗料で作られているものでも比較的安く施工できます。サイディングの外壁は張り合せる工事方法なので、施工時間を短くできる結果、安く利用可能な資材です。

屋根にも注目できる内容があります。輸入資材などを利用すると、デザイン性は良いのですが、コストが高くなる場合があります。節約をするには広い範囲で用いられているガルバリウム鋼板の屋根の他、スレート屋根などに的を絞って資材を探すと、安く施工を済ませることに成功できます。

特殊素材の場合は、メンテナンスでもお金が掛かってしまうので、長期的な視野で考えることも大切です。

 

内装関連はいくらでも調整可能

神奈川でも注文住宅を建築する際に、コストダウンを目指した場合、内装関連であれば比較的簡単に節約可能です。床面に注目してみると、無垢材のフローリングを用いると高額になります。

一般的に流通している合板タイプのフローリングであれば、コストカットを行うことに向いています。タイルを利用することを検討している水回りのスペースでは、我慢をしてクッションフロアを利用すると、かなりの安さで提供されます。

壁面のチェックでは、高機能なタイルや塗り壁、無垢材に仕上げる方法ではコストが掛かります。節約志向であれば普通のビニールクロスを用いることで経費削減を行えます。

クロスの場合は後から簡単に塗料を使ってDIYでも施工できるので、この点をメリットにすることができます。

後はユニットバスやキッチン、トイレにおいても、各メーカーが発表している機材にもグレードがあります。ユニットバスで見てみると、下は70万円からあり、上は120万円を超えているものまであるので、各機材についてグレードを低めに設定すると、かなり大きな節約を成功させることができます。

 

一戸建て住宅を神奈川県に注文住宅で購入することを希望していて、安く建てることを望んでいる場合は、コストカットして良い部分と、そうではない部分があります。

土地や基礎工事は対象外にすることが基本になり、内外装についてはDIYで対応する他、グレードの低い設備機器を選ぶことで、目的を果たすことができます。

サイト内検索
注文住宅コラム