【神奈川】注文住宅工務店・ハウスメーカー選びにおすすめの相談窓口ランキング!【口コミや評判も合わせてご紹介】

神奈川で注文住宅を買うなら庭付き?メリットとデメリット

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/04/16

神奈川は東京に隣接している県なので、電車を使えば都心部へも通う事が出来ます。そのため住まいを構える人も多く、注文住宅を建設する人もいます。庭付きの家に憧れているという人も多いと思いますが、メリットとデメリットがあります。

 

ガーデニングや家庭菜園が楽しめる

庭付きの注文住宅を建築するメリットには、ガーデニングや家庭菜園が楽しめることが挙げられます。神奈川に住んでいる人の中には、仕事でオフィス街など都心に通っている人も多くいます。ビルが立ち並んでいる街にいると、自然が恋しくなることもあるでしょう。

美しい花や植物に囲まれて暮らしたいと感じている人も多いのではないでしょうか。生活の中に花や緑があると癒されますし、植物を一生懸命育てることも出来ます。庭を自分好みに彩れるので、自分らしさを表現できる場にもなります。テーブルや椅子を置いてお茶を飲んだり、友人達を招いてお喋りしたりすることもできます。

また、家庭菜園で育てた野菜や果物は、収穫して食べることが出来ます。ミニトマトやキュウリなど育てやすい野菜もありますし、ハーブを育てて料理に使ったりハーブティーにするなど様々な楽しみ方があります。自分が作ったものを食べるのは、スーパーで買ってくる野菜や果物よりもおいしく感じられます。太陽の光を浴びて土いじりをすることは、気持ちが前向きになって精神の安定につながるとも言われています。

 

庭付き注文住宅は子供が遊ぶのに最適

小さいお子さんがいる家庭では、庭があると子供を遊ばせておけるので何かと重宝します。歩き始めたばかりの頃なら歩く練習もできますし、ボールを使って遊ぶこともできます。砂や土、石など自然の遊び道具があるので、飽きずに遊べるのが魅力です。

小さいハウスを作って、おままごとの場にすることも出来ます。アリやてんとう虫、蝶など虫を観察するのにも最適です。雨上がりには水溜まりで遊んだり、雪の日には雪だるまをつくって遊んだりすることもできます。庭があると自然と触れ合う機会が増えるので、子供の教育にも良い影響があります。

ウッドデッキやテラスを作っておくと、そこでおやつを食べたり食事をしたりすることもできます。ピクニック気分が味わえるので、子供にとってはとても楽しい体験になります。すべり台など遊具を設置して、遊べるようにすることも出来ます。

公園に行かなくても親の目の届く範囲で遊ばせられます。夕方などちょっとした空き時間に子供を遊ばせたいといった時にも重宝します。公園まで出かけて行くのは大変ですが、自宅の庭ならすぐ出られるので便利です。

 

庭があれば夏にプールも楽しめる

夏の暑い時期には水遊びが定番です。庭があればビニールプールを置けるので、手軽に水遊びを楽しむことができます。市民プールなどに出かけて行くこともできますが、自宅から遠いこともあるでしょう。

また、二人以上お子さんがいる場合には、下の子のオムツがまだ取れていないので入れないということもあります。それに市民プールや民間のプールの場合には、お金もかかってしまいます。1回当たりの金額はさほど高くはないことも多いですが、人数が多かったり何度も通うようだと結構な出費になってしまいます。

自宅でビニールプールが利用できれば、そういった費用を抑えることができます。わざわざ炎天下の中、出かけて行く必要もありません。夏休みなどは体力を持て余してしまうお子さんも多いと思います。水遊びだと疲れるので、少し大人しくなってくれるということもあるようです。

赤ちゃんを遊ばせるのにもぴったりです。最初から大きなプールに入れると怖がってしまうこともあるので、ビニールプールで慣れさせておくと水に馴染んでくれます。お子さんがいる家庭には庭付きの注文住宅がおすすめです。

 

二世帯住宅に中庭を作ってスペースを分ける

二世帯住宅は、親と子など2つの世帯が1つの家に住む住宅のことをいいます。近年は女性の社会進出も進んで共働き家庭が増えています。待機児童の問題などもあり、家事や育児のサポートを親に頼ることも多いようです。家事や育児のサポートを期待して、親と同居することも少なくありません。

しかし、完全な同居だと気疲れしてしまうこともあります。そのため家を新築する際には二世帯住宅にして、生活スペースを分ける家庭も多くあります。その際に中庭を作れば、親世帯と子世帯を分けるスペースとして活用することもできます。お互いに適度な距離を保つのに役立ちます。

中庭があると採光性が良くなるので、明るい住まいにすることもできます。風通しも良くなりますし、庭を通して相手の世帯の気配を感じられます。ただし、二世帯住宅の場合には、一般的な住宅に比べて建築費用は割高になってしまいます。

また、中庭を作ると家の形状が複雑になることも多く、建築費用がかさんでしまうこともあります。中庭はアウトドアリビングとしても使えますが、そうすると建築費用は高くなります。

 

建築費用が割高になるのがデメリット

庭付きの注文住宅を建築しようとすると、それなりの広さが必要になります。神奈川は広いので、横浜のような大都市もありますし自然が豊かな地域もあります。田舎の方であれば問題ないかもしれませんが、都市部は土地の値段が高いですから、一戸建て住宅を買おうと思うと当然費用は高くなります。

特に駅前などは利便性が良いので、土地の値段が高額で戸建住宅自体があまりありません。マンション等集合住宅がほとんどになります。そのため庭付きの注文住宅を建築しようと思ったら、駅から離れた場所にしか建てられないこともあります。狭い土地で庭付きの住宅を建てるのであれば、住宅のスペースを削るしかありません。それにより狭小住宅になってしまうこともあります。

また、広々とした庭に憧れていたのが、かなり狭い庭しかできなかったということも起こり得ます。駅から離れれば土地の値段は安くなっていくので、立地など利便性をどの程度重視するのかが大切になります。注文住宅の計画を立てる際には、予算を含めて様々な要素を総合的に判断することが求められます。

 

庭の手入れをきちんと行うことは意外と大変

庭があるとガーデニングや家庭菜園ができますが、その分きちんと手入れを行わなければなりません。雑草を抜く必要があったり、害虫の対策なども行う必要があります。雑草は抜いてもすぐに生えてきてしまうので、抜いても抜いてもきりがないと感じる人も少なくありません。

植物が多いと虫も出やすいですし、野良猫が家庭菜園に糞をしてしまうことも多いようです。家庭菜園に使う土は柔らかいので、猫のトイレにぴったりという事情があります。果物などを育てていると、鳥に狙われてしまうこともあるようです。

せっかく育てた果物が、ちょうど熟した頃に食べられてしまうということもあります。水をまいたりすることも多いと、蚊も発生しやすくなります。庭に木を植えている場合には、落ち葉の手入れなどもしなければいけなくなります。

枝が伸びて外にはみ出すようなら切らないといけないですし、専門の業者に依頼すると費用がかかってしまいます。それから庭があると子供を遊ばせやすいですが、意外と子供の声がうるさいと近所からクレームがきてしまうこともあります。

 

神奈川で庭付きの注文住宅を購入したら、ガーデニングや家庭菜園が楽しめるというメリットがあります。子供も遊ばせやすく、夏にはビニールプールで水遊びもできます。ただし庭の手入れは意外と大変ですし、庭付きだと建築費用も割高になります。

 

サイト内検索
注文住宅コラム